« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

昼酒は 堪える

今日は 御得意様のお宅で しし鍋パーティー

午前中に  都内からの参加者を 送迎するのは

僕のお仕事。 知り合いのギャラリーにお連れして

正午前には お得意様のお宅へ。

運転手なので beer気は 無かったが

流れ的に 飲む事になって しまった。

量的には そんな飲んで いないのだが

何故か 昼酒は きく感じがした。

飲酒運転は NGなので ちょっと 飲んでも

代行で 駅まで まわってもらい 家に戻って来た。

しし鍋 初体験だが 臭みが 全然なく

凄く 美味しかった。丹波の山で 取れた 猪らしいのだが

拘りが あるらしく 銃で 1発で しとめた猪の肉を

その場で 血抜きをして 数日間 温度管理し

熟成させ 機械のスライサーで 切るので無く

包丁で 切るなど 随所に 拘りを 感じる。

その他 料理教室を なさっている 御得意様が

手料理を ふるまって 頂き お腹いっぱいです。

御得意様のご主人様が 猟銃をなさるらしく

鴨を 撃つらしい。 解禁が 11月の15日で

今年も 何羽か 熟成させているらしい。

今度は 鴨鍋パ-ティーね と言われて

いたが 実現するのだろうか?

明日から もう師走 年末に向い

忙しなさが 加速しそうだ。

明日の日記に 今日の画像は アップします。   

| | コメント (4)

仕立やってもらえますか?と・・・・

今日は 気持ちよいsun 晴天に恵まれた。

僕は 出席しないが 同級生の結婚式が 本日らしい。

昨日までrain降りだったので sunになって 良かったなぁ~と

思う。

「おたくの お店で 購入した品でなくても

お仕立 やって もらえますか?」と 問い合わせが

を 頂く事が ある。

昨日も 男の方からの 問い合わせで

大島紬を譲って頂いたから 年内に 仕立をして欲しいんだけど

やってもらえませんか?って 問い合わせ。

本日 ご来店され 帯や羽織紐など 小物は持ってないので

用意して欲しいとの話だだった。小物ひとつでも

ご相談下さる事は ありがたい。

いろいろ話を お聞きすると 会社の中で

お正月に 着物を 着て来る方が 数名いて

自分も 着物が 着たい 着てみたいと

ずっと 思われていたそうだ。

今年も あと一月 今迄 職人の元に

行っている 加工品 これから 加工から

上がってくる品の数々を 考えると  時間的に  年内仕立は

厳しくなってくるのだが  「お正月に

着物着たかったんですよ。」って言葉に

どうにか ご期待に沿う様努力しようって 気持ちになるのが

不思議なところです。

人それぞれ 価値観が 違うのだが

きものって いいなぁ~と 思わされた。

70歳を越えた方なのだが これを機会に

きものを 楽しんで頂けたら 嬉しいのになぁ~

ここ数ヶ月 男物の着物の相談を 頂いている

お求めになられる方ばかりで ないが

男のきものに 目が向くってのが 嬉しい。

若い方から 仕事を退かれた方 広い世代の方に

着て欲しい。 その方が どんな着方をしたいのか?

など 相談いただければ 様々な提案を させて頂けると

自負している。

女性の方 ご主人や彼氏に着物いかがでしょうか?  

女性 男性 関わらず きものの事なら 相談してみて

下さい。ご相談の上 いろんな提案を させて

頂きます。

 

| | コメント (0)

簡単な着装が いいのか?

昨日は 都内で 仕事をして 友達と後輩と

小さな寿司屋で 晩御飯 凄く美味しかった。

白身魚のネタと シャリの間に わさびでなく

柚子胡椒を 使った ホウボウが 印象に残る。

あわびや マグロも 凄く 美味しいし

やっぱり おすし屋いいっす。

日記のタイトルから どんどん脱線し始めて来たので

本題に戻ろう。

昨日 問屋の社長さんと いろんな話を していて

簡単着装が できる 着物と 帯があるから

ちょっと 見てみないか?と 誘われたので 拝見させて頂いた。

仕立で おはしょりを 作って 帯は 形にしたつけ帯だった。

社長さんは 一生懸命薦めていたが 僕は ピンと来ない。

確かに 簡単 洋服を着るのと たいして変わらなく 着れるのかも

しれないが それは 着物って範疇の品で無い様な気がした。

仕立の事も 少し聞いたのだが 「もし この着物を仕立てたら

洗い張りを かけて 着物仕立直す事が できるのか?」と

聞いたが それは無理らしい。

着物の良さって 仕立替えで 寸法直しが できたり

できる所な気もするし 今の時代 仕立替えるなんて 考えて

いる方よりも 手軽さが いいと 思われている方の方が

多いのかもしれないなぁ~とも 少し 感じが 

僕は そのタイプは 扱わないと 思う。

確かに簡単 いいのだが 着物は 着物の良さを

伝えて行きたいなぁ~と 感じました。

みなさん 如何ですか?

簡単着装が 楽で いいっすかねぇ~happy01

 

| | コメント (8)

黒の羽織持っている方多いのだろうなぁ~

今日は rain これから 都内に 仕事で でかけなければ

ならない。 給料日が 過ぎて みなさん お財布が

暖かいかもしれないけど 私は 月末は 支払いが

あり ご入金頂いた諭吉が 右から 左へ 流れていきますcrying

父の代の時に 羽織を 染め直した品を 仕立て欲しいと

古いお得意様が ご来店いただきました。

元々 ピンクだった 羽織を 黒に当時 染めたらしい。

その当時 汚れが どうだったか とか 僕には

解らないので 何とも言えないが 黒でなくて

他の色に 染め直す事は できなかったのかなぁ~と

思わされた。 お客様自身が 黒に染めてと お話だったのかも

しれないし 何とも 言えない お持ちになった お客様自身

その当時の事を 忘れているらしいし・・・・。

羽織や コートを 仕立直したり する事を 提案する事も

多いのだが 昔の物は 丈が短くて 思うように 出ない物も多い。

黒の羽織 箪笥に眠っている方 多いはずだ

何かに 作り変えて 使用できる様に 考えなきゃ~

できる物 できない物あると 思うが 箪笥のきもの

掘り起こし大作戦として 考えてみよう。

さて これから 準備して 出かけてきまぁ~す。

| | コメント (0)

半幅帯と バックに

日頃から ご来店される方には

様々な提案を させて頂いている。

私は 草履バックセットと 呼ばれる品を 基本的に

お薦めさせて 頂いていないのも あり

草履は 台と花緒を セレクト頂く 誂草履を

お薦めさせて頂き バックは ボストン型のタイプを

別に 提案している。 小さめのパーティーバックも

時として 必要だと 思うが 化粧品 携帯 大きなお財布と

荷物を多くもたれる方には ボストン方が 重宝するのでは

ないでしょうか?

普段から 着物を着て頂く為に 半幅帯の普及が

必要だと思っているので 全通の名古屋帯を 半幅帯と

あまった生地で ボストンバックを 誂てみては いかがだろうか?

と 提案している。 もちろん できる品と できない品が

あるのだが 使用頻度の低いお持ちの袋帯や 名古屋帯を使い 

半幅帯に 仕立直すのも 一つのアイディアだと思います。

以前 若い男の方で 祖母様の 古い渋めの丸帯を 角帯に

仕立直した事がある。 渋めのグリーンの角帯が出来上がり

喜んで頂いた。 地元を離れ 名古屋で 琵琶の内弟子を されている方らしい

のだが 相談して 良かったと お声をかけて頂いた時は

嬉かったです。 こちらから いろいろ提案させて頂く事も多いが

お客様と 話していて アイディアが 浮かぶ事も たくさんあるんですよ。

Img_5977

この全通の名古屋帯 名古屋帯でも いいけど

半幅帯でも いい感じっぽくないですか? 

| | コメント (2)

お持ちになって下さい。と・・・

昨日の冷たい雨が 嘘の様に今日は晴天

しかし 寒さは変わらず。

今年最後の3連休も 終わってしまった。

もちろん 私は 連休なしcrying

朝から 地方のお客様商品 発送の準備やら

加工だしの準備やらで 雑用に追われていると

午前中なんて あっという間に 過ぎていく。

そんな中 お着物について 問い合わせが入る。

まず 紋替えの事や お嬢様へ ある御着物を

仕立替えする事など 加工が できるのか? 価格 期間

など いろいろ わからない事が たくさん あるらしい。

ご来店される方々に お聞きすると 「きもの屋に相談に

行くのには 勇気がいる。」と 言われる方が 多い。

相談に来て 加工をしないのは 申し訳ないと 思う心理なのだろうか?

何故 こんな風に きもの屋に 足を運び難くなってしまったのだろう?

着物の相談を できるところが 無くて困っていると お聞きする事も

多いんだけどねぇ~。いざ 相談できないなんて 変な感じだ。

着物屋にも いろいろあって 嫌な思いをされた方も いるのだろうが

きものの事は 着物専門店に ご相談なさって下さいね。

前にも 書いたのだが きちんとした専門店は 無理を

押し付けることは 決してしませんよ。(笑)

 相談ごとが あるなら お着物お持ちになって下さい。

電話での問い合わせもありがたいのですが

お持ちくださり 目の前で 相談して下さる方が 丁寧に 詳しく説明できると

思います。 説明 提案後 加工されるかは お客様の判断

価格とのバランスも あるし 時には 加工が厳しく お店側から

加工しない方が 良いと アドバイスする時もあります。

問い合わせで 最後に 「加工をする しないに限らず

ご相談を 承りますので お気軽に お着物を お持ち下さい。」と

言い電話を きる様にしている。 気軽にとは いかないのだろうが

相談にのって欲しいって ご来店頂きたいと 思うのであります。

| | コメント (4)

箪笥が 欲しい

着物屋を していて 着物を ほぼ毎日 着ていると

年に 数枚と 言えども 知らず知らずの うちに

着物が 増える。 そして 妹が 茶道をはじめて

ここ数年で 一気に 着物が 増えたのも

あり 我が家の箪笥に 着物が 収納しきらなく なって来た。

桐の箪笥を もう一棹 欲しいが 家は狭い 置く所を

考えねば・・・・。来春には 購入しなければ ならなそう。

昔ながらの 観音開きのタイプでない 引き出しタイプで

1つの引き出しに 2枚から3枚くらい 入る高さのを

お客様に 今 提案する事が 多い。

長くお付き合い頂き 枚数が 増えると

管理のご相談から 桐の箪笥などの話になる。僕のお店は 

岩手の南部桐を 埼玉で 加工してもらうのだが

桐箪笥 けっして お安くない。crying

通販でも 桐箪笥 安く販売している。

見栄えは 変わらない でも 同じ桐でも

寒い地域で 何年もかけ 育った木を使用した箪笥と

東南アジアの暖かい地域で 早く育った桐では

木の質が 違うのだ。

今は 安さに 目が どうしても 行きやすいが

大事な着物を 収納する箪笥 最高級品と

いかなくても ある程度の レベルの物が

良いのでは ないだろうか?

着物は 欲しい 箪笥は欲しい

箪笥を 置く広い部屋が欲しい。

人間 欲の塊っすね。bearingImg_6069

お客様の仕立上がった品がを 納品するまで 

一時的に保管する為用の 桐箪笥。

たまに 困ったお客様が いて 「お宅の桐の箪笥で

着物管理して おいて」なんて 言われる方も いるcoldsweats01

| | コメント (2)

男の方には こだわりが 多いかも

今日は 久しぶりに 何も予定を入れていない

日曜日の休日。happy01家でゆっくり 本でも読む予定。

昨日 ご主人のきもの選びの為に ご来店された

お客様のお話。

先日 お寿司を 食べにご一緒した折の

僕の淡いグリーンの羽織を 見て 着物着て

飲みに行きたいと 思われたらしく、着物が欲しいと

奥様に おねだりをしたらしい。

奥様と 私は 最初の1枚目だから オースドックスな

スタイル そして お試しとして ウールもしくは シルクウールが

良いと思い 写真の商品を 提案したのだが

ご主人は 昔からある オーソドックスな着物なら

着ないし もし 誂ても また 着たいと 思わないと

思うので 明るめの色が 良いって 話を 私に持ちかけてきた。

解りやすく言うと 笑点の様な 色目が 良いらしいのだが

あそこまでは ちょっと どうだろう?って 思い いろいろ

提案をしてみた。 ご予算の都合もあるし いろいろ提案するのだが

こだわりを 求めると 価格もそれなりに する事になるので

商人として 変かもしれないが 奥様は いいのだろうか?と

余分な事が 頭をよぎる。(苦笑)

方向的には 縮緬や 紬の面白い白生地を ご用意し

色を 決め 納得する品を 誂る事に なったので

ご主人の了解を得て また 画像を アップできたら

いいなぁ~と 思ってます。

兎に角 今の 無難路線などの 意識とは

少し違う観点の持ち主なのだが 僕的には

ご主人の様な考えが好き。

「納得いかない 何となくの品に お金をかけるなら

納得いく品に その分かけたほうが 良い。」そして

自分が納得した品なら また 着たくもなる。と

話されるご主人。本来 私も そんな考えを

持っている。 ただ 私は 商人で 私の考えを

押しつける訳には いかないし お客様のご予算に

応じて その中で ベストな提案を するのも

プロの仕事では ないだろうかとも 思っている。

もちろん 話し合いの中で いろいろ変化は すると

思うけどね。様々な方が おられるので 面白みでも

あり 悩みどころでも あるのですがね。話しをいろいろ

お聞きして 今回のご主人は

人と同じ感じが あまり お好きでないのも

あると 思うし おっ かっこいいなぁ~と 人から

振り返られる スタイルを 目指しているらしい。

2時間くらい 様々な提案を したのだが 

自由な発想が 面白い 襦袢や 羽裏なども

冒険が できそうな感じだし ある意味

かぶき者って感じ かも しれない。

中には えぇ~と 思われる方も 多いと思うが

今回は 面白さを 追求したいし ひん良く こんな感じなら

俺も 着てみたい!!なんて スタイルを 提供できたら

嬉しいのだがなぁ~。花柄が 好きらしい ご主人

羽裏なども 花柄を もって いこうかと 画策中。(笑)

以前にも 若い男の方で ご相談を 受けたのだが

比較的 男の方は どうせ 誂えるなら 納得の

行くもの こだわりが 多そうだ。

ブログにアップできるのを お楽しみにして下さい。Otokomon

無難に最初の1枚を 誂るなら この手の ウールやシルクウールが

お薦めです。風合いが 凄く良いのと  よく見える。

あまり こだわりを 持たずに お試しってことでなら

是非って 感じかあなぁ~。

あと 今回の様に 少し人と違う

こだわりで きものを 楽しんでみたい方からの

ご相談も どしどし 受けたまわります。

| | コメント (2)

今日の今日

  今朝 お得意様から telephoneが 入り お孫さん2人の

着付を 頼まれた。 着付ける日にちは 今日の 今日

しかも 午前中 ダッシュで 先生に 連絡を取り

お願いしたら 気持ちよく引き受けてくれた。

誠に ありがたい事である。 着付けは  お得意様の場合

お店としては お代を頂かない。先生に直接お支払い頂く。

お嬢様は 着物を買っている訳でないから 電話し難いと

言われた様だが 無事 着付けも 終わり 12時ごろに

送り出して ホッとした。

着付けを頼まれても ご期待に沿う事が できない時もあるし

できるときには 一生懸命 お手伝を させて 頂く。

お得意様のお孫さんや ご家族にとって 七五三の良い 思いでに

なったら 嬉しい。 パパは 綺麗に着飾った 娘を見る目が

凄く優しく感じる。

その後 別のお得意様が ご主人と ご来店

14時過ぎに 帰られた。 忙しいのは

ありがたい。 ご主人用の着物のご相談だったのだが

その話は また後日 日記に書こう。

Img_6064Img_6059

ご姉妹での2ショットと 娘を見る 嬉しそうなパパの写真

| | コメント (2)

お手入れしましょう

今日も 風が冷たい 朝キッチンから

庭を眺めて その奥を眺めると 空気が

澄んでいるのか 富士山が 見える。

あぁ~ 冬なんだぁ~と 感じる瞬間。

お手入れしましょう。って タイトルなのだが

最近 特に カビの酷くなった品の相談が

多い。 フワッって感じで 表面のみの

カビから 生地が ヤバイ カビまで

いろいろだ。 カビだけに 限らず

しみ 汚れを ほっておくと  加工をするの手間が

増え 加工賃も 高くなる。お手入れは お早めにって

お話させて 頂く要因のひとつ。もちろん お手入れをして

次回 着る時に 気持ち良く 着て欲しいってのもあるしね。

そうそう カビなんだけど 軽いカビなら 洗いをして カビ

落としで どうにかなる。 その状態を 越えると カビ部分の色素が抜け

る。 少しの部分なら 色差し 色調補整と 仕事が 流れる。

あまりにも 広い範囲だと 加工賃もかかるの 要相談って感じ。(苦笑)

そして もっと もっと ほっておくと 洗い張りをして 一度 水を 通し

カビ落とし 色調補整。中には 生地が相当 傷んでしまい 加工が

できない状態になって しまう品もある。

お金をかければ 着れる状態まで 加工で どうにか

なる場合もあるが 加工と金額のバランスで 断念される方も

多い。箪笥の中の着物を きちんと 管理していないのか

空けるのが 怖いと 言われる方が ここ数年 多い。

ほって おいたら もっと 大変な事になりかねません。

是非 箪笥の中を 調べて お手入れしましょう。

手遅れになる前に

ご相談は きもの専門店の 私達が 承ります。

アドバイスを 聞いて 加工するか しないか

考えると いいですよ。 Img_6052

カビの為 色素が 飛んでしまった部分

他にも 全体的に カビがあり 今回は

生洗いのみの品。 

| | コメント (4)

刺繍のおしゃれ紋

今日も 風が 凄く冷たい。

青空が 凄く綺麗なのだが この寒さが

冷え性の自分にとっては 嬉しくない。

七五三の着物や 振袖 など 無地の着物に

刺繍のおしゃれ紋を お薦めする事がある。

手刺繍だと だと 価格的にしてしまうので

ミシンの刺繍で 提案する事も 多い。

ミシンと 言えども デザインを おこして

刺繍をしてくれるし 昔みたいな ぺたぁ~と

した 刺繍でないのも 嬉しい。

刺繍のおしゃれ紋だけでなく 帯や きものに

上手く配置すると それも 面白い。

無地の着物に 刺繍をすると 染め直しが

きかない 刺繍糸まで 無地染めを する事

により そまってしまうのと 解いた時に刺繍のあとが

気になる そこが 難点かなぁ~。

刺繍のおしゃれ紋 以外にも 染の紋など

家紋以外にも いろんな提案が できるので

興味がある方は お気軽に 相談して下さいね。

Img_6037

数年前に お持ちの白生地を 紫に染め

刺繍の紋を 背中に1つ 付ける様に

提案した着物。 ご年代は40代前半

地色は 少し落ち着くけど 帯び次第で

表情が変わる。背紋の刺繍は 宝尽くしを

図案化させた。 

帯が また 素敵でしょ。

  Budoukarakusa                              

先日この帯も お求めいただいたのだが

「今度は この帯あわせましょう。」とお話している。

| | コメント (4)

小物が たくさん揃うと 楽しいですよ。

今日は 風が 寒く感じる そして

強い風に 銀杏の木から 葉が舞い散っている。

お店にご来店くださり コーディネートを 楽しんで

頂く事が 多い。帯締め 帯揚げを 求めて頂くときは

もし 時間が あるなら お持ちのきものや 帯を 後日

お持ち頂き のせて 目で 確認し 納得して お求め頂く。

結構 帯締め 帯揚げって あぁ~ 合いそうだからって

形で 購入される方も 多いようだが 購入して

違ったって 感じな事も よくあると お聞きする。

きものや 帯が たくさん欲しいって 思われる方も

多いのだが 小物で 表情を 変えて楽しむ

着物スタイル。

小物を 活かすのには シンプルな 帯がお薦めです。

帯締めの色で 変化をつけるだけで 結構 イメージ

かわりますよ。 小物を 揃うと 着物は

格段に 楽しさが 増すんですよねぇ~

| | コメント (2)

まだまだだなぁ~

今日は 午後から ひっきりなしに お客様の

ご来店があり 気が付くと 今日の営業時間が

過ぎていた。

先日 七五三を 済まされたお得意様が

ご来店下さり いろいろお話 頂いたのだが

お求めいただいた品を まわりの方から

凄くお褒め頂き 僕のお店に頼んで 良かったと

思って頂いた事が 何より 嬉しい。

子供さん繋がりの お母さん方に 

「何故 そんな 良い着物と 帯が その金額で

求められるの?」と 質問責めに あったらしい。

お知り合いって事もあったし 信用下さっていたので

ご相談の上 できるだけのサービスを させて 頂いた

結果なんですよね。

きもの専門店は 売りつけられるとか 高いって

思われて 近付き難いと 思われる方が

多い様だが それは 少し違う様な気が 僕は

している。小さな 専門店は ふざけた事をする事に

より 即信用を失う事を 知っているんですよ。

そこで お店を 長く営む 逃げる事も できない

だから 地道にでも お客様に 喜んで頂ける

提案を するって事を 知って欲しい。

田んぼの中にある 小さなお店で あまり

宣伝を しない自分のお店なのだが

今日 ご来店された御得意様が

ママ友に 場所を言うと 「えぇ~ そんな所に

きもの屋 あったっけ?」と 言われる方が

ほとんどだったらしい。crying

まだまだ 知ってもらう努力を しなければ

ならないなァ~と 感じるのと 同時に

口コミ での 流れを 非常に期待したい。

僕は まず 相談してくださる事から 全て

始まると 思う。

七五三の 7歳の着物は 可愛い小紋などで

お薦めする事が 多い。 7歳の時だけ

着れて その後 日の目を見ない 着物より

7歳の祝い着を お正月とかにも 着て欲しいと

願う気持ちから そうしている。 もちろん

ご相談により 絵羽の祝い着を お薦めする事も

あるのですがね。 兎に角 今日は

御得意様が 僕に任せて良かったと  喜んで下さった

事が 凄く嬉しい。 

まだまだ 精進しなければと 思うものの

御得意様の 「ママ友に お店とご主人のこと

宣伝しといたよ」って 言って下さる気持ちが

嬉しいっすよ。 商いは いろいろあるのだが

こんな時が 商いして いて 良かったと 思える瞬間です。

| | コメント (4)

日頃の付き合いが 大事だと

今日は 比較的 暖かな1日だった。

都内に 仕事で でて 先程 戻ってきたのだが

夕方 陽が沈むのが 早いなぁ~。

昨日は ちょっと した 頼まれ事をしたのだが

日にちも 急だったし 諸事情もあり 申し訳ないと 思いつつ

お断りさせて頂いた。

日頃のお付き合いとかが あれば 

多少の無理は どうにか してしまったかもしれない~。

何とも 言えない 感じ。 人の心の動きは 

紙一重なのかもしれないなぁ~。

小さなお店をしていると わざわざ たくさんある

きもの屋の中から 自分のお店に 足を運んでくださり

ご購入いただいたり お手入れの相談を して下さる事に

滅茶苦茶 感謝するんですよ。まじでhappy01

そして 何か お困りの時は できるだけ 手を尽くす

そんな気持ちになるのだが 都合の良い時だけ 頼まれる

気持ちが 通じていないんだなぁ~と 感じる事が続くと マジ 凹む 。

お付き合いって 難しいなぁ~と 思うのと

楽しいなぁ~と 思うときと いろいろだが

気持ちが 伝わるお付き合いが したいと

常々 思っている。そして 心かけている。

日頃のお付合いの 延長線上で 

お求めいただいたり お手入れをさせて 頂く事も多く

日頃のお付き合いが 凄く大切で 大事だと

凄く思わされる。 昨日は  日頃のお付き合いの大切さを

感謝とは 別の方向から 実感した 1日だった。

| | コメント (2)

定休日

日曜日が 定休としている僕のお店。

田舎の 小さな商店なので お客様のご都合に

より 定休日が なくなる事も 多々ある。

今日は そんな1日だった。

用事が 済み お客様が 帰られると

休日再開(笑)

僕が 顔を出さねばならない 秋のお茶会も 今日で ひと段落。

年末に向け 忘年会やら 外食が 続く

今晩は 祖母が きりたんぽを 送ってくれたので

きりたんぽ鍋 お腹いっぱいっす。

そして 友達のお母さんと 友達がこれから

来られるらしいので その間に 日記を書いている。

雨の1日 明日は 都内に仕事で 出る予定

晴れてくれるといいのになぁ~。 

| | コメント (8)

今年 1発目

今日の夜は 着付け教室の忘年会 

忘年会には 少し早い気もするが

12月に入ると 予定を あわせ難いのでは

と思い 少し早めに 予定した。

それでも 七五三のお呼ばれだったり

同窓会だったり 旅行だったり その他

都合が つかない方も 出てくる。

忘年会と 言っても beerを飲まれる方が 今回の参加者には

ほとんど いないので restaurant食事会restaurantになりそうだ。

今日は イタリアン系のお店を セレクト

店主が 気持ちの良い 若者なので つい

応援したくなる お店 いろいろ 大変そうなのだが

頑張って欲しい。なんて 言えるほど 自分たいした人間では

ないけどね(苦笑) 商いを していて 他業種や 先輩達から

学ぶ事は 多いし 若い方からも 勉強させて貰う事は

多々ある。お店は 商品とかも 大事だが 店主の考えが

大事 そして 物ありき より 人ありきだと 思わされる

もちろん 人ありきは 扱う物が きちんとしているのが

前提なのだが・・・・・。 

料理3000円のコースだが さて どんな料理を

だしてくれるのだろう。

来週は 焼肉 再来週は 知り合いのお宅で しし鍋パーティー

12月に入ると 都内に会席を 既に食べに行く事が 決まっている。

その他 忘年会 飲み会など これから 予定が 入りそう。

暴飲暴食 気をつけましょうねsad

忘年会シーズン 気がつくと 始まります

みなさんの 忘年会はじめは いつですか?

| | コメント (2)

行動に 移す 勇気

先程まで 商品を 見せて下さいと

言われ ご来店された方と いろんな 話をしていた。

お店にある品を コーディネートしたり

時間が あっと言う間に 過ぎていった。

「高くない 手頃な品」って 表現は 非常に曖昧だなぁ~と

思わされる。 「着物を 着たい」「着る場所がない」って

言われる方の 多い事。 そんな方の為 着付け教室

着る機会の企画を しているのだが いざ 提案を

すると 行動に 移される方は 結構少ない。

もちろん お仕事を されていたり 予定が合わない事も

あると思うのだが 行動に 移す勇気って 必要では

ないだろうか? ご年配の方で まわりの方の目が

気になって 着物を 着るのを 控えてしまうと

言われるのも たまに きく。 

ちょっと した 勇気を だして頂き

お出かけくださったら きっと

「○○さん お着物素敵ね。 私も 着てみようからしら」

なんて 流れに なるのでは なんて 勝手に

思っている。(苦笑)

着物は 友達と ご飯を 食べたり

お茶しに いく時にでも 良いんだし

お呼ばれ以外にも 楽しいんで欲しいっすよ。

そんな思いを 持っている 私

自称 半幅帯帯普及委員会 会長として

ウールや綿 紬・小紋の着物に 半幅帯を

しめて 気軽に着るきもの姿を 推進しているであります。

 

| | コメント (4)

相談事が 多くて

今日は お外sunで 青空が やっぱり

いいなぁ~と 感じる。

朝から お得意様のご来店が 重なり てんやわんや

相談事が 多くて お答するのに 頭を悩ます。

持っている着物全てに 合わせられる帯が欲しい。

そして 価格は これくらい。って 相談受けても

なかなか 難しい。 紬向きの帯 小紋向きの帯

芯の入らない帯は 軽くて 締め易い帯が多いが

芯の入る 縮緬や 塩瀬の帯は 芯の入らない

帯より 締め難いなど 全ての条件に当てはまる品って

そうそうないんですよ。

それでも ご期待にできるだけ 応えたいと

思っているので 説明をさせて頂く。

何が 一番優先されるかを 一緒に考える事から

始まるのだが 条件が まとまらない事も

多々あるんですよねぇ~。

お客様の 気持ちもわかるし

相談に 応えるのは 難しいなぁぁ~

| | コメント (2)

御得意様の箪笥を

happy01午前中 御得意様のお宅に 訪問してきた。

うちの お店が開店してから 約30年来の

御得意様 自分が お店に戻り 変わらずお付き合い

頂いている。 最近は ご高齢な事もあり ほとんど

お求め頂けていないが 今まで お求め頂いた品が

箪笥に たくさん眠っている。

今週末 来週末 そして12月と 着物を 着る機会が

あるので コーディネートを 頼まれた。

あの 着物 あの帯 小物の数々 僕が薦めさせて 頂いた品が

あっ これも あれもって 感じで 目に入る。

懐かしさもあり 嬉しい。

似合う事は もちろんだが 質の良い品を

お薦めさせて頂いたせいか 

月日が流れても 輝きは変わらない。

そして 薦めさせて 良かったと 

自信を持って 胸を張れる品たちを

コーディネートできる事に 喜びを感じた。

お客様に 相談頂き ご予算に近い品を

ご用意する事も 多く 限られた予算内の

ベストを尽くす事は もちろんだが

月日が流れた時に お客様に 「これ あの時

求めて 良かった」 そして 自分で

薦めて 良かったと 思える品を 提案したいと

いつも 以上に 感じた1日でした。

もちろん 私の考えを 押しつけるつもりはない

1番は お客様が 喜んで頂く事 ただ

着物のプロとして きちんとした 提案を

お薦めしたい。その時 ご理解いただけなくても

先々 あの時 あそこの店主が こんな事 言っていたなぁ~と

思い出して くれたら 嬉しいし

もし 自分のお店に また 足を運んで

貰えたら 最高なんですけどね。happy01

| | コメント (0)

無駄を無くしてから

景気対策や政治的な話題に事 欠かさない毎日だが

会計検査院の報告で 2007年の税金の無駄使いが 1253億あったと

報告が昨日あったらしい。途方もない金額 報告書も30センチ以上の用紙が

総理大臣に渡されてたが ただ 報告されるだけで 無駄使いを

無くす事に 力を 注いで欲しい。2兆円規模の 給付金の事も

意見が迷走している様だし 必要な所に きちんと お金を

割り当てる事が 一番 安心感に繋がるのでは ないだろうか?

全世帯に給付金を 配る事が どれだけ 効果が あるのだろう?

麻生さん 経済がよくなれば 2年後に消費税法案を

出すと 話したらしいが、 消費税を上げると 話すより

無駄を無くす事が 大事だと思うけどなぁ~。経済が良くなっても

更に無駄が多くなれば 意味が無い様な気がするのは

私だけでは ないと思うけど・・・・。

無駄がなくならない内に

消費税の話を しても 国民は納得できないと 思いますよ。

いずれ 消費税は上げなければならないのだろうが

今 話題に上げる事によりにより  不安感を

増大させるだけでしょ。 不安感を煽ってどうする。

経済が2年くらいで よくなったら その時に 話して

くれたらいいのにねぇ~。

兎に角 無駄使いは やめて欲しい。

国民が 払っている税金なんですから   

| | コメント (2)

ご紹介って ありがたい

景気が悪いって 今の時代に

きもの屋を 営んでいて ご飯をたべさせて

頂ける事に 感謝しているのだが

はじめて お越しになられるお客様も ありがたいが

ご紹介で ご来店される方も 凄くありがたく 嬉しいものです。

何か 商品を 求めてくださる 下さらないに限らず

お手入れの相談だったり お店を知って頂く機会を

お作り頂けるのが ありがたい。

きもの屋には 何も無ければ 行けないなんて

思われている方 多い様だが そんな事ないんですよ。

今 さっき 帰られた方も お得意様からの ご紹介で

はじめて ご来店され 「また 相談に伺うね」って

帰られた。 他のお店は 僕は わからないけど

僕のお店に 足を運んでくれたり ご相談くださったり

必要な品がある時に 求めていただける方や

ご紹介して下さる方には、ついつい サービスしたくなって 

しまうのが、人情では ないかと 僕は感じている。

自分で 言うなぁ~って ツッコミが入りそうだが

結構 僕 職人的な人情きもの屋っすよhappy01

ご紹介だから そうでないから 関係ないが

ご紹介でのはじめてのお客様には

僕のお店を推薦してくれるお得意様の 顔も

あるので 少し 緊張するんですよ(苦笑)

まっ そんな事 おくびにも出さないで

いろいろ 楽しく会話してるんですけどねbleah

| | コメント (2)

都内の某料理専門学校の文化祭に

今日は 朝から 都内の某料理専門学校の

文化祭に お誘いを受けたので 出かけて来た。

有名シェフの デモンストレーションや

料理評論家の講演などを 聴き

学生さん方の作る 料理を 頂いた。

人が 兎に角多い 料理を食べるのにも 結構

ならぶが 美味しかった。

美味しい物を食べるのが 凄く好きなのだが

料理って 人を幸せな気分に させてくれる物

どうせ 食べるなら 楽しく ご一緒した方々と

楽しい時間を 共有したいと 思わされた。

料理って コミュニケーションだそうだ。

作る人 食べる人達のね。

着物も 全ての人とは いかないが

人の気持ちを 豊かにしてくれる 衣装だと

思う。お客様と コミュニケーションを

きちんと とり その方に お似合いの品を

コーディネートするのが 僕達の仕事。

料理人も きもの屋も お客様に

喜んで頂く事に関しては 一緒ですね。 

| | コメント (0)

樹脂系の箔

お手入れを お持ちになられる着物を

たくさん 手に取ると この加工は 良い仕事

しているなぁ~とか いろいろ 思う事が ある。

友禅 刺繍などの 縫い 箔など きものには

手のこんだ 仕事を する事が 多いのだが

樹脂系の箔を 使った品を 見ると 大量生産や コストを

抑える為に 使わざるを得ないのかも しれないが

凄く残念に感じるの 自分だけ だろうか?

久しく箪笥を開けず 底に眠っている着物は

抑えられて 箔などが 表地の他の部分に あたる事が

多い。 樹脂系の箔だと ナチュラルプレスの為か

ぺリぺリって ひっついて しまう品まで ある。

僕が この業界に入った時には 既に こんな品が

蔓延していた。 加工の良い品だけが 流通すれば

良いって事ではないし 時として 安価な コストを

抑えた品も 必要だと 思う。

ただ きちんと 説明をして 保管なり

お手入れの事まで 販売する時に 話さなければ

ならないのでは ないかなぁ~なんて

感じた。

中に お手入れで おぉ~ 良い加工しているなぁ~なんて

品にめぐり合う。 そんな時は 「いい加工をしてる品なので

お大事に 着て下さい。」と お伝えする時が ある

そんな時は 自分が 薦めた品でなくても 

凄く 嬉しい気持ちになるんですよねぇ~。 

| | コメント (2)

本気なら アホらしい

景気回復の 兆しなし

先行きの不安から 消費低迷で 更に

悪循環に流れていきそう。

経済対策の1環として 給付金が 出るらしいのだが

全世帯給付から 高額所得者との 線引きをするとか 意見が

でていたが さっきネット見ていて 全世帯に 引換券を出し

高額所得者には 辞退を 促すなんて 馬鹿な

案が 政府与党の中で 出て来たらしい。

貰えるって 給付金を 誰が 辞退するんだよ。

高額所得者だって 欲しいに 決まってる。

辞退する訳ないやん。

そんなの 子供でも わかる事を

本気で 言っている 政治家って どうよ。

アホらしくて 笑っちゃうでしょ。

麻生さんに 期待を している訳では

ないし 他の方が 総理大臣になっても

何も 変わらないと 思う。

選挙の為の 人気取り ばら撒きと

言われないくらい しっかり 国民が

納得できる 政策を 打ち出して欲しい

解散総選挙が いつになるのか

わからない状況なので 今は

麻生総理 真面目にやって下さい

お願いしますと 声を大にして 言いたい。

 

| | コメント (2)

着付け教室のコンセプト

今日もお天気sun 明日から 下り坂らしい。

午前着付け教室が 終わり 日記を書いている。

着付け教室と 言っても コンセプトとして

自分で 着れる着物って 事に 重点を 僕自身

おいている。

お店の隣の和室を 無料提供してでも

多くの方に 自分で 着物を 着て欲しいと願っているのだが

なかなか 浸透しないんですよね。weep

着付けの先生にも よく お話するのだが

「着付け教室に 来なくなったら 着物が 着れない

なんて事に なったら ここで 勉強した 意味が

何にも ないので ①肌着と襦袢の着方 補整

②きものの着方 ③名古屋帯(お太鼓結び)

④袋帯(2重太鼓結び) ①~④を 兎に角

きちんと 覚えてもらう様に しましょう。」とね。good

僕のお店の着付け教室を 卒業された方

の中にも 卒業されて 今では 着方を

忘れてしまっている方も いるらしい。crying

先生が 凄く いろんな事を 生徒さんに

伝えたい気持ちは よく 解るが 基本を

身体で 覚える、 応用は それからだと

思っているので、今迄は 先生に お任せしていたが

来年以降の 新しい生徒さんには

自分が 考える着付け教室の コンセプトを

ご理解して頂いた 上で お稽古を はじめて

もらおうかと 思っている。

自分で 着れて 名古屋帯 袋帯を しめれる事が

基本コンセプト。

月2回 2000円 10回~12回を目処に 着れる様に

なって頂く。 それ以降の事は また 相談って 形に

する予定。

木曜日の午前の生徒3名さんは 今月で

卒業を される事になったのだが

お稽古で 学んだ事を 実践に移し

きものを 着る事の 楽しさを 味わって欲しいと

思っている。その中の お一人の方は

お呼ばれで 着物を 近々着る事になって

いたのもあり 特に頑張っていた。

自分で 着る楽しさを 実感できると

良いのなぁ~。最後のお稽古の時に

お聞きするのが 少し楽しみ。(笑) 

来年に向け

着付け教室 組紐教室 そして 着物を

着て頂く催しと 考えねば ならない事は

山積している。 夜も 今日は 着付けが

ある。 1日が あっと 言う間に 過ぎて行く。

晩秋になり 陽が 短くなったなぁ~と 感じませんか?

| | コメント (6)

もう 酉の市

今年も 気がつくと もう 酉の市の

季節が やって来た。

今年は 3の酉まで 日付が 代わり 今日5日が

今年の1の酉だ。 

僕は 浅草の鷲神社の酉の市に 毎年 行っている。

購入するお店も よし田の 赤物・宝船熊手と 決めている。

今年も 昨年と同じ大きさの 5寸を 購入して来た。

今年は 先行き不安な事もあり かえって 賑わうかと

思っていたが 例年より 気持ち 人のでが 少ない様な

気がしたのは 気のせいだろうか?

日中は 出店が たくさんでるし 夜は 飲み屋の

出店もたくさん でている。 デートに そして

仕事帰りに 仲間と 酉の市に 足を運ぶのも

楽しいと 思う。 きもの姿は 殊の外 少ない

まっ 夜中なので しょうがないかhappy01

千葉の田舎町に 住んでいるのだが

浅草って 街は いいなぁ~と 思う。

文化が 息づく街 昔ながらのとは

いかないのだろうが 日本を 感じる。

もっと 若い時に 酉の市を 知っていたら

仲間と オールで 遊ぶのになぁ~ なんて

思いながら 一人carで 地元に戻って来た。

Img_0427

画像は 昨年の熊手だが

今年も 昨年と同じ5寸を購入

宝船熊手で よい ご縁と お客様を

たくさん 招きたいhappy01 

| | コメント (0)

小さくても 女性だなぁ~

2日の日曜日に 七五三を 済まされたお得意様から

mailtoが 来たhappy01

お嬢さんの 祝い着や帯が まわりの方々に

評判がよく みなさんに 「○○ちゃん 可愛いぃ~ 可愛いぃ~」と

褒めちぎられ ニコニコで 1日を 過ごされたらしい。

美しさ 可愛さを 褒められる事は 大人の女性のみならず

気持ちが 良い事なんだなぁ~ 大人の女性も 小さな

子供も 女性は  やっぱり 褒めるに限る。

もちろん 嘘や 無理はいけないけどねcoldsweats01

今回 7歳の 祝い着と 一緒に ウールの着物も

誂てもらっている。 お正月は 今回の着物でも

良いし ウールの着物でも いいので どんどん

着て欲しい。今回 皆さんに 褒められて きもの

楽しいなぁ~なんて 感じてくれたら いいのになぁ~happy01

似合わないのを 似合うと 言う必要は ないけど

是非 みなさん お知り合いでお着物姿の方 ご一緒した時は

お褒め下さい。

 Img_5932

先日 お納めした 7歳の祝い着 

小紋を 本裁ちにしてあるので お正月に

着たり 10代のうちは どんどん 着て欲しいなぁ~

| | コメント (0)

昼はお祭り 夕方はお通夜

今日は 地元の神社さんの 秋祭り

山車や神輿が でるのだが 肌寒いcloud

毎年 名入れのおしぼりとか 豆絞りの手拭を

ご注文頂くので これから ご祝儀を包みに

いかねばならない。地元の小さな祭りなのだが

お囃子や 山車 神輿を みると 何故か

ホッとするのは 自分に 日本人のDNAが 組み込まれて

いるからだろうか?

お祭りの賑やかさを 少し肌で感じて お店に

戻って来るのだが

夕方には 着付け教室の生徒さんの 息子さんが

交通事故で 亡くなられたらしく お通夜に

行かねばならない。

一緒に 来ている義姉様からのご連絡で 知ったのだが 

お悔やみの連絡は 後で知ることが 多い。

嬉しい話なら 話易いが お悔やみの事は

まわりの方から お知らせ頂けないと

気がつかないで 月日が流れて しまう。 

生徒さんを ご紹介頂いた 別のお得意様に

念の為 連絡してみたが 知らなかったらしく

連絡して 良かったと 少し思った。

息子さんと 面識は なく どんな状況

の事故かは わからないのだが 若い方の 死は

親御さんの事を 思うと 辛すぎる。

| | コメント (0)

苦手なんですよね

今日も 朝から お茶会に 顔を出してきた。

茶道を習っている訳ではないが 和菓子と お抹茶を

頂くのは 凄く楽しいし お道具を拝見させて 頂くのは

解らないながらも 楽しいんですよ。

ただ いつも 着物を着ていて 殿方だから お正客に

と 薦められるのは 正直 勘弁して欲しい。

先生や 茶道をなされて 長い方など たくさん

いらっしゃるのに いつも すんなり お正客が

決まらない。 そして おはちが 僕に回って来て

声がかかる的な 感じ 正直迷惑のなにものでもない。

男性の きもの姿なんて 皆無に等しいのだが

こんな感じに 珍しい男のきもの姿で お茶会に

行くと もれなく お正客が・・・・なんて 感じなら

男の方の お茶会参加率は 上がらないのでは

ないだろうか?なんて 少し 今日は 思った。

男性の中にも 着物を 着てみたい人 そして

お茶会に 行ってみたい人は いると 思う。

いい意味で お茶を楽しむ事が できたら

いいのにぃ~と 思うのは 僕だけでしょうかね。

  

| | コメント (0)

木枯らし1号

今日から もう11月に突入 3連休の方も 多いと思うが

私は 連休なしbearing

東京では 昨年より17日早く 木枯らし1号が 吹いたらしい。

木枯らし一号とは 「晩秋から初冬にかけて吹く北よりの

やや強い風のことを 言うらしい。

先月も あれsign02って 思っているうちに

過ぎて行った。 つい最近まで

暑いなぁ~って 思っていたのに

朝晩は 肌寒く感じる。

今月は もう酉の市なんだよねぇ~

来年のカレンダーとか 手帳の話を

聞くと もう今年も 2ヶ月なんだなぁ~と

実感できる。 

ガソリンの価格が 少し落ち着いて来たので

日帰りでも いいからspa いきたいねぇ~。happy01

| | コメント (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »