トップページ | 2005年12月 »

きもののTPO

今日も お陰様で お客様と いろんな会話をさせて頂いたのだが、来月の月末に 着付け教室のパーティーが あるらしくて相談に来られた、先日今回の件とは別に お持ちの色無地(紋なし)や小紋にあわせ塩瀬の帯をお求め頂いたのだが 「きものパーティーには しゃれものでは出席したら 駄目かなぁ~。」との事だった。 先生は 色無地に袋帯なんでもいいから しめて来てと 言われてるらしい。お客様曰く 「紋の入っている色無地 持ってないし、今ある無地に合う袋帯もないのよねぇ~ 礼装用の御草履もないし どうしようかなぁ~」と悩まれていた。気軽に参加しますと 言わなければよかったかなぁ~と 思われているようだったので、まず 先生に 今持ってる着物や小物の事を 話して 洒落物での参加でも大丈夫か?お伺いするのが 一番良いよと  お答えさせて頂いたのっだが さてどうなるんだろう?帰り際に もし礼装の装いを しなきゃならなくなったら 持ってる着物・帯・小物を 総動員させて お店に持って来るから コーディネートをよろしくね。と帰られた。礼装用の着物をお召しにになる事になったら 頑張ってコーディネートしなきゃ。呉服屋が 難しい 難しいと 言ってては どうしょうもないのだろうが 悩みは尽きない。今月も 今日でおしまい 来月は どんな 月なんだろう。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

枯葉舞う

今日は 11月も終りだと言うのに 何だが暖かな へんてこりんな陽気だった。南風が強く 朝早くから 車でお仕事に出かけたのだが 枯葉が 雨のように空から 降ってきた。黄金色に輝く枯葉が 真っ青な空に舞いなんとも 言いがたい風情が あり 運転中とは言え 空をみいってしまった。そんな時 ふと思ったのだが、桜とか花びらの事は 花吹雪と言うが、秋の枯葉の事は、枯葉吹雪とは言わない何故だろう?枯葉舞うとは聞くのだが・・・ うぅ~ん 言葉たぁ~ 難しいのぉ~。しかし今日の感じは 心に残る感動ものだったので、僕の辞書には 今日から 枯葉吹雪と言う自分だけの言葉が 付け加えられた。運転中やし カメラで画像を残せない事が 残念である。この感動を あなたに・・・・って感じかなぁ~ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きもののお手入れ

今日も、心地よい晴れの日だった。私は 雨が大嫌いなので ここのところの晴天続きは 嬉しい限りである。私のお店は 呉服専門店として着物に関る商品だけを販売しているのだが、販売以外にも お手入れなどのご要望も多い。丸洗い・染み抜き・洗い張り・染替え・寸法直しなど 日々相談にお越しになられる事が、年々 増えてきてる。相談をされて 加工をしない事も 多いのだが、やはり金額がネックになることが1番の問題である。呉服屋として きちんとした情報を お客様に提供する そしてお客様が その中から選択をされると言う形をとっているのだが 仕事の質と加工賃は結構 私を悩ませる。父の代からの職人は 良くも悪くも 昔からの職人で、非常に誇りをもって 加工をしてくれる。湯のし、一つとっても 機械でなく手仕事である。効率から言うと 非常に悪く 手間隙が掛かる  機械で サクサクできたほうが 効率も良いし その分 金額も安くできるのではと 思った時も あったのだが、丁寧さから 言わせて頂けば 手仕事が ありがたい。お着物には その方にとっての 思い出や思い入れがあるのではないだろうか?そんなお金では買えない思いを 着物は 演出してくれる。今日も 自分で紡いだ生地で染めた小紋の染め直しを受けたまわった 職人と相談して ベストの仕事をさせて頂くつもりだ そして できあがった時にお客様からの 「良くなったわね。」とお声かけれたいものである。  

| | コメント (0)

市のチャリティー茶会

今日は 穏やかな晴れの天気で お茶会日和だった。今さっき 戻って来たのだが ここまで天気が良くて 穏やかだと 朝から外に遊びに出かけたい気もする、この時期は、なんせ お茶会が 多い。お仕事柄 お茶会の券を頂いたり お付き合いで購入する事があるのだが 予定が合わず 行けずじまいの所が出てきてしまう。はしご以外どうしようも無いのだが、いつもながら こんな時 体が 2つか 3つあればと思う。10月後半から12月前半は 日曜日はほとんど休みがが無いと覚悟をしなくてはならない。修行をしてた時に 少しお稽古したのだが、実家に戻ってから 本格的にと思いつつ 未だにお稽古をはじめていない。今日も 3席あり 美味しい和菓子とお抹茶を 頂いて来た。チャリティーの茶会とは、言え 流石に着物の方が 多かった。私にとってお茶会の楽しみは お茶や和菓子・お道具はもちろん、着物をお召しになられたきもの美人を拝見させていただける事もある。私も着物を着て行ったのだが ついつい 横着して 袴をはかずに 着流しで出かけてのあるが 男の着物は 私だけだった。ちょっと 残念。来週も お得意様のお宅で お茶会3席 来週も たくさんの着物美人を拝見させて頂くのが 楽しみだ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

着つけ教室

うちのお店は 毎週 土曜日の午後に着つけ教室を やっている。以前もお店の脇の和室で やっていたのだが 先生が ご病気になられて 一時中断していた。今年の半ば頃から新しい先生にお願いしてる。大手の着つけ教室と違い 街の小さな呉服屋の教室だし 兎に角 きちんと 自分で着れるようになって 欲しいので 生徒さんは 3人までで みっちりマンツーマン指導していただいてので 今 習われている方は ずいぶん上達されたようである。もちろん教室以外でも ご自宅で復習して 練習しなければ 上達しないのだけど 自分で着れて喜ばれてる姿を 見ると これからも 長く続けなければと思う。きもの業界の一人として 気軽に着て頂く為の努力は 当たり前のことなのだろうが、今の先生みたく お安いお月謝で やって下さる方は なかなか見つからない。もし いい方が見つかれば 夕方の仕事帰りの平日コースを 来年は 増やしたいのだが・・・・・入会金\3000 一回\1000では 賛同して下さる方は いないだろうなぁ~。安くてきっちり確実に覚えれる着付け教室ではあるが、先生は、笑いながら「お宅も私もボランティアだね。」とたまに言われるのだが、きものを好きで楽しめる方の輪が徐々に広がって欲しいし、昔は お母さんや おばあさんから着付けを 教えて頂いていたのっだろうが 今は着つけ教室が 当たり前のようになっている。多分無理だと思うけど 昔みたく 母から娘へ 着つけを教えてあげれる時代が、もう一度来て欲しい。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三日坊主に成らずにすんだ。

ブログをはじめて 4っ日目 どうにか三日坊主は 免れたようである。(笑) 私は 結構、マイペース型の人間らしく 程ほどに商売ができて 家族が生活できたら 良い位に のんびり商いを やっている。ほぼ毎日きものを 着ているのだか 修行中もきものは 1度も着た事無かったのだが、 今となっては 当たり前の様に 着ている。慣れと 恐ろしいものである。世間では 着つけ教室は 数々あれど 男のきもの着方教室は 聞いた事がない。何故だろう?女の人より 着方も簡単だし 楽ちんだと 思うのだけど 如何なものだろう?数年前から 男のきものも着る方が増えてきたようだが、もっと これから増え続ければ 良いのに思ってる。今日も お手入れをお持ちの若いお得意様と お茶を飲みながらいろんなお話をして 1日が過ぎていったのだが、専門店の必要性にご理解を 頂ける事は ありがたいと共に お客様の信頼を裏切らない 職人の仕事に いつも 頭が下がる。明日も がんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人事ではない・・・

今日も 秋晴れの気持ち良い1日だった。お店は 賑やかな商店街とはほど遠い 田んぼの中にある。道路に面しているのだが非常にのどかである。駅までは 徒歩圏内なのだが 車がないと不便極まりない。先日 お得意様が交通事故に遭われたらしい。他の方から連絡があり  電話をしたら 幸いご本人様は 「平気よ」って 言われていたので それ以上 聞くわけにもいかず 気をもんでいたのだが 今日 別のお得意様が たまたま遊びに寄られて詳しいお話をして下さったので ほっとしたのだが、車を 運転する 私にとっては 人事ではない。自分が 注意していても 向かって来る事もあるし 年末に向かい 皆さん忙しなくなるので 心して運転をしなくてはならないなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いざ書こうとすると・・・・

みなさん 結構すらすら 思いのたけを 書いているのだがいざ 書こうと思うと 筆不精の私は 何を書いていいのやら悩んでしまう。こんなことでは 先が思いやられるのだが・・・・・     はじめたのだから がんばってみようと思う。今日は 勤労感謝の日で 祝日だったが 私はお仕事だった「呉服屋には 用事がないと行けないのよ」と 言われる方が多い、自分のお店に入って 5年が過ぎようとしているがはじめてご来店されてた お客様に 呉服屋のイメージをお聞きしてきた。たいがいの方が「前から寄ってみたいと思ってたけどきもの屋には 用事がないと 気軽には入れないわよ。」と 言われる方が 多いのであるが、入ってお話してみると ありがたい事にこんな事なら もっと早く寄れば 良かったと言って頂けた時は本当に 嬉しいと思う瞬間である。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめまして

ブログなるものを はじめてみた。ホームページを作らなければと思いつつ 月日が流れて行き ブログから はじめてみようと思いたったわけである。田舎街の小さな呉服専門店を細々とやっていて 天然素材にできるだけこだわるよう努めている。なんの業種でも様々なスタイルのお店があるのだろうが ブログを通して 提供する側と購入する側の 情報交換ができ より良い きものライフのお手伝いが できる事を切に願っている。できるだけ 着物や 日常の日々感じる事を 毎日 書きたいと思ってるので これから どうぞ よろしくお願いします。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年12月 »